タクシー会社へ就職しよう|タクシー会社への転職を成功させよう【求人探しに役立つ情報公開】

応募する前に把握しておく~タクシー会社の魅力がわかる~

タクシー運転手に向いている3つのタイプ

営業地域の地理に詳しい人

都市部のタクシー運転手はお客様をどれだけ早く目的地にお連れするかで評価が決まります。信号の位置やタイミングなどを把握し、最適なルートを瞬時に構築する必要があります。

体力に自信がある人

タクシードライバーでお金を稼ぐためには深夜の勤務が必要となるでしょう。生活リズムが変わることで疲労が蓄積しやすくなります。体力があることでそれを乗り切れるかが変わってくるでしょう。

とにかく稼ぎたい人

どんなお客様を乗せても運賃は変わりません。お金を稼ぐには多くの方に利用してもらうしかなく、長時間仕事に集中するためには稼ぎたいという強い気持ちが必要になります。最も重要な要素と言って良いのではないでしょうか。

タクシー会社へ就職しよう

タクシー

タクシー会社に所属するメリット

これからドライバーの仕事を始める人は、すぐには個人で開業することは法令上不可能ですので、自ずとタクシー会社に所属することになります。
会社に所属するメリットとしては、収入が安定することです。もちろん最高額については開業しているタクシードライバーに分がありますが、売上が上がらない時期でも一定の金額が給与として支給されます。これは生活を考える上で非常に大きなメリットです。
また、車両の維持費など、一台のタクシーを仕事で使用する上で発生するコストを全て会社がもってくれるメリットがあります。個人で運営している場合には車検や整備にも気を付けなければなりません。しかしタクシーでは従業員の数だけ車が確保されており、そのようなことを考えずに仕事に集中することができます。そろそろ新しい車を買わないと…などと考えることもありません。もちろん売上高の45%など、会社によってバックの割合が設定されていますが、運営コストと考えると納得ができます。

昼も夜も活躍できる!選べる勤務形態

タクシー会社では主に3つの勤務形態が用意されています。日勤、隔日勤、夜勤の3つで、高収入を目指すのであれば料金単価や利用距離で有利な夜間に乗務を行うシフトを選ぶことになります。
しかし最近はドライバーの高齢化や、働き方を重視する社会になってきたことから、勤務時間を少なめにしてプライベートを充実させる人もいます。自分の考え方に応じた勤務形態が選べるのは他の職業ではあまりなく、タクシードライバーの強みとも言えるでしょう。

広告募集中