求人情報が必要不可欠|タクシー会社への転職を成功させよう【求人探しに役立つ情報公開】

タクシー運転手になりたい人必見!求人を賢く探す方法

求人情報が必要不可欠

TAXI

求人情報はインターネットでチェック!

タクシー運転手になるのは比較的簡単です。タクシー会社は普通の会社のように新卒一括採用ではありませんし、応募する側の人たちもほとんどが他業種からの流入者となります。いわゆる中途入社という形ですね。ですからタイミングを待つ必要はありません。求人案件は一年中見つけることができますし、基本的には思い立ったらすぐに応募することができて楽です。インターネット上でも多数の求人案件を見つけることができますから、たとえばリストラをされてしまって仕事がなくなったというときにも、すぐに仕事にありつける可能性が出てきます。

優良タクシー会社の見分け方

ネット上には多くの求人案件が並んでいるので、どれを選べばいいかは迷うこともあるでしょう。優良タクシー会社に就職ができれば、ストレスもないはずなので、まずは会社をしっかりと見極める必要があります。規模が大きい会社ほど、優良である可能性は高いですね。従業員数が多いということはそれだけ人気があるということです。この会社で働いてみたいと考える人が多かったので、会社も成長してきたのでしょう。さらに、従業員数が多いと労働組合がしっかりしている可能性も高くなります。中小企業の中には労働組合自体が存在せず、経営者の言いなりにならなければいけないところも少なくありません。また同時に、規模が大きいと倒産の心配も低くなるのでいいですよね。

応募から採用までの流れ

求人案件に応募をすれば、まずは履歴書のチェックをされることとなります。タクシー運転手になるためには、どうしても二種免許が必要になります。これがないと話になりませんから、ないと分かれば書類の段階で落とされます。ただ、最近は一種免許を持っていれば会社の負担で二種免許に挑戦させてもらえる場合が多いです。その際には、一種免許のみでも問題がありません。しかし一種免許も持っていないという人や、一種免許を持っていても取得してから三年未満の人は、書類の段階で弾かれるのは当然のことです。書類審査に通過すれば面接を行います。タクシー運転手として必要な素養があるかチェックされ、ここを通過すれば採用ということになります。

採用前に確認しておきたい条件

採用前には、月額保証の固定給がいくらあるのかは確認しておきたいですね。常に仕事が上手くいくとは限らないからです。他にも福利厚生のチェックは必要不可欠でしょう。勤務形態も大きく分けて三種類ほどありますから、チェックは必須です。マイカー通勤ができれば朝も楽ですし、その点も調べておきたいものです。ずっと将来の話になるのですが、十年後個人タクシーとして独立させてもらえるか、またそのときに支援してもらえるかもあらかじめ調べておくといいでしょう。

広告募集中