応募する前に把握しよう|タクシー会社への転職を成功させよう【求人探しに役立つ情報公開】

働く前に知っておこう!タクシー会社で働くための基礎知識

応募する前に把握しよう

玩具の車

タクシー運転手に必要な資格

タクシー運転手になるためには、まず車の免許を持っていなければ話になりませんね。しかも、一般の人が持っている普通自動車第一種運転免許ではなく、普通自動車第二種運転免許が必要になります。この二種免許というものは、車の運転を業務とする人に必要だとされているもので、より高度な運転技術があると証明するものです。この二種免許を取得するためには、一種免許を取得してから三年の経験が必要になります。ですから、一から免許を取るなら最低でも三年後にしかタクシー会社に就職をすることができません。すでに一種免許を持っているならいいのですが、そうではない場合には相当な時間が必要になることは覚悟しておきましょう。

出勤から退勤まで!タクシー運転手の一日の流れ

タクシー会社に就職をすれば一日中車の運転をするのですが、多くの会社ではまずは制服に着替えるところから始めます。私服で運転をしていい会社はそう多くないので、まずは会社に行って制服に着替えるところから一日が始まります。
会社では、アルコールチェックもされます。昨夜のお酒が少しでも残っていれば運転はできませんから、そのあたりを含めて軽い健康チェックは行います。その後、朝礼を行い、車両のチェックをして営業を開始します。
営業中の休憩時間は、大体3時間ほどもらえます。昼食などはその休憩の時間内に済ませるのが基本です。休憩の時間は厳密に決まっていませんから、自分の好きなように各自取得できます。営業が終われば会社に戻って売上を渡し、日報も提出して帰宅します。これが大体の流れです。

タクシー会社で受けられる福利厚生

タクシー会社に正社員として雇われれば、かなり手厚い福利厚生の恩恵が受けられます。健康保険や厚生年金には基本的に加入ができます。厚生年金は、老後の生活費のためには非常に重要なもので、これのために正社員になる人もいるぐらい重要度の高いものです。雇用保険や労災保険にも加入はできると考えて問題ありません。これらは会社側の義務でもあるので、大体の会社で揃えられている福利厚生になります。また、家賃手当や交通費支給と言った制度を充実させている会社も見受けられます。マイカー通勤可能となっている会社なら、多少の距離があっても通いやすいのがいいですね。多くのタクシー会社で、給料は歩合制になっていますが、最低限の給与保証がなされているケースは珍しくありません。

タクシーの仕事で高収入を得る秘訣

タクシー運転手は、決して平均年収が高い職業ではありません。すでに飽和状態にあると言われているように、ライバル会社との顧客の取り合いが酷くなっているからですね。頑張って一日営業をしても、数千円しか売上が出ないこともあるでしょう。しかし、工夫をすることで売上は伸ばすことができます。人の流れを分析して、いつどこに行けばお客さんを捕まえられるか考えるのです。試行錯誤を繰り返していくと、どこのルートを通れば最大効率で稼げるようになるのかも見えてきます。

広告募集中